八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ

股関節の症状の原因

股関節の症状にはいくつかの種類があります。

表現の仕方も人によって変わり

「足の付け根が痛い」「太ももが痛い」

「足の外側が痛い」「お尻が痛い」

などおっしゃられます。

もちろん股関節が悪くて痛い人が多いですが、人によってはそれ以外の理由で痛くなっている人もいます。

股関節痛を起こすパターン3つ

1、股関節が悪くなり腰にも症状がでる

2、腰が悪くなり股関節が悪くなっている

3、股関節のみ問題がある

これら3つを説明する前に、股関節が痛みを出す原因をお伝えします。股関節というのは、大腿骨と骨盤の隙間(つなぎ目)のことをいいます。

生まれつき、大腿骨が収まる臼蓋(骨盤のくぼみ)といわれる部分が浅かったり、偏った体重のかけ方が続き大腿骨と臼蓋がぶつかるようになると、大腿骨頭と臼蓋が変形してしまいます。

ここで間違えてはいけないのが、ぶつかっているから、隙間が狭くなっているから、痛みが出ているわけではありません。

骨の先端にある軟骨には神経も血管もありません。ですので、軟骨がいくらすり減ろうが痛みは出ないのです。

軟骨には血管がないということは、軟骨は違うところから栄養をもらわなければなりません。

滑液包と呼ばれる関節を覆う袋があり、その内側には滑膜と呼ばれる膜があります。そこから滑液(ヒアルロン酸などを含む)が出て、軟骨は栄養されます。

軟骨がぶつかってすり減っていくときに、綺麗にする減るのではなく、骨棘と呼ばれるトゲになったり、破片となったりします。それが滑膜にあたり痛みとして感じます。

滑膜は神経がたくさんありますので、敏感で少しの刺激でも痛みを出します。また、軟骨がすり減り過ぎて骨に当たり出すと、骨膜にも神経がたくさんありますので痛みを出します。

では、先程の3つのパターンを解説していきます。

1、股関節が先に悪くなり、腰に影響するパターン

関節脱臼や臼蓋形成不全により、歩き方が関節を安定させようとする歩き方になっていきます。

若い頃は大丈夫ですが、閉経の年代になってくると変形も進行し、かなり体の使い方に特徴が出てきます。

そして、体を前に傾けたり、お尻を突き出したりして股関節を安定させようとします。すると、腰の角度も変わってしまい、腰から太ももやお尻に出ていく神経が障害を受けるパターンです。

2、腰から股関節に影響していくパターン

ぎっくり腰・すべり症・ヘルニアといった、力仕事・同じ姿勢・ホルモンバランスの崩れで腰が悪くなり、体が前屈みになったり反り返るなどして、腰から出ている股関節を支える筋肉の神経に障害が起きているパターンです。

3、股関節のみに問題があるパターン

臨床上あまり見かけませんが、お酒の飲み過ぎやステロイドの使いすぎによる大腿骨頭壊死や、子供であればペルテス病といった股関節に限局した病気もあります。

・股関節の変形に意外と関係のある事

股関節が悪くなり腰椎にも影響与えているパターンを詳しく解説します。そもそも股関節が変形していくのには、先天性の股関節脱臼や臼蓋形成不全の他に様々なことがあります。

 

股関節の変形に関係する意外なもの

1.ダイエット

体重が増えて、股関節に負担が大きくなっているので変形すると思われがちですが、臨床上、体重が増えてきた人よりも、ダイエットした経験のある人の方が変形性股関節症になられている方が多いです。

特に多いのが炭水化物ダイエット。お米を抜いて体重を落とした方は骨がもろくなりやすく変形を助長しています。

お米というのはお茶碗一杯(120 g)にブドウ糖40 g含まれており、このブドウ糖は脳のガソリンとなります。しかし、このブドウ糖が不足しますと、内臓や筋肉を分解してエネルギーに変換しますので、体がどんどん壊れてしまいます。

体重が落ちているのではなく、体が壊れてしまっています。

2、便秘

変形性股関節症が女性に多い理由の一つは、ホルモンの影響で骨の代謝が変わってしまったり、靭帯が緩んでしまったりで、関節を正しい位置に保持できなくなることです。

偏った食事や、運動不足、日常のストレスなどで便秘になりますと、大腸に熱がこもり出します。

女性は大腸の前に子宮が位置していますので、大腸にこもった熱が子宮に伝わり、子宮から出るホルモンの量が変わってしまいます。更年期などもこの影響を受けやすいです。

3、ピタッとしたズボン

ヒールで骨盤が無理矢理立たされて、股関節に影響が出ることが一般的に知られていますが、実はピタッとしたズボンも臨床上、股関節に影響を与えます。

昭和初期に東北の方で先天性股関節脱臼の女の子が多かった原因として、昆布巻きおむつがあり

ました。

これは足を開脚できなくし、大腿骨を骨盤に押し付ける状態が続くので、骨頭が抜けやすくなっていました。

現代もスキニーと呼ばれるピタッとしたズボンが流行し、股関節に余裕がなくなって、変形を助長しているケースも少なくありません。

以上のようなことをされている方は少し間が考え直してみてください

次回は

・股関節の症状を悪化させないストレッチ

・股関節の症状に対してしてはいけないストレッチ

・股関節の症状に対して即効性のあるストレッチ

を紹介します。

 

千葉県八千代市の整体院では、股関節痛の症状に対して独自のアプローチをし、症状の根本改善をして、症状の改善をするサポートをしています。

     LINE登録もよろしくお願いします。

         友達追加で、予約のお問い合わせも簡単にできます!!

 

 

八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ PAGETOP