八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊髄(せきずい)神経の通り道を脊柱管と言いますが、背骨の中にある神経の通り道が狭くなり、中の神経を圧迫している状態をいいます。

脊柱管狭窄症の症状

主な症状は背筋を伸ばして立つときや、歩くときに足の痛みや痺れが現れます。そして前かがみになったり、しゃがんで腰を曲げると痛みが減ります。

「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」と呼ばれる症状が、脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

歩き始めてしばらく経つとお尻から足にかけてに痛みやしびれが出始め、少し休むと楽になるので、また歩き出す…といった歩き方を繰り返します。

当院に来ている患者さんは

ビリビリする、ピリピリする、ズキズキする、というような表現をしている方が多いです。

歩き初めに症状が出る理由

歩く際には背骨がまっすぐの状態になります。その時、脊髄神経の通り道の脊柱管が反って短くなり、通り道が狭くなりやすい状態となります。

そうすると、通り道の中で神経が圧迫されて、足に伸びる神経に影響が出ます。それが足の痛みや痺れとして現れます。

腰を曲げる(かがんだ状態)になると脊柱管の狭さがなくなり、神経の通り道が広くなり圧迫がなくなるので、痛みが減ります。

椎間板ヘルニアとの違いは?

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状は似ているところが多く、主に腰や足に痛みやしびれが現れます。日常生活も困難になるほど重度の症状になることもあります。

痛みが出る原因は

  • 脊柱管狭窄症:神経の通り道の脊柱管が狭くなっている
  • 椎間板ヘルニア:背骨のクッション(椎間板)が後ろに飛び出している

こういった原因の違いがありますが、どちらも足に伸びる神経が圧迫されているのは同じですので似た症状が出やすいです。

両方とも放置すれば痛みや痺れはどんどん悪化します。

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアの違い

・脊柱管狭窄症

①前かがみになると症状がラクになりやすい

②歩行してしばらく経つと症状が出やすい

③50代以上に発症しやすい

・椎間板ヘルニア

①体を後ろに反らすと症状がラクになりやすい

②同じ症状が続きやすい

③20代~40代に多い

脊柱管狭窄症になりやすい人

50代以上の、筋力が徐々に衰えてきた人がなりやすいです。

仕事で長時間座っていた、以前から猫背だった、歩くことが少なかった。

そういった方がなりやすい状態となります。

脊柱管狭窄症の治療法

①痛み止めの薬(薬物療法)

脊柱管狭窄症の神経症状に多く用いられるのが薬物療法で、リリカと呼ばれる薬を処方する病院が多いです。一定期間以上飲み続けて効果が出ます。

副作用として、、むくみ、体重増加、ひどい時は意識障害なども例があります。

②神経ブロック注射

麻酔薬を注射することで痛みが伝わる経路を遮断して、痛みをとる方法です。継続的に注射をする必要があります。

一時的に痛みを和らげることには役立ちますが、痛みの感覚をなくしているだけなので狭窄症を治しているのとは少し違いますね。

③手術

脊柱管狭窄症の手術は主に2種類あり、

  1. 背骨の神経を圧迫している骨などの一部を取り除く除圧術
  2. 1のあと背骨を安定させるために固定する除圧固定術

ただし、手術を受けてもその方の環境を変えないと再発する可能性はあります。

まとめ

脊柱管狭窄症は長年の姿勢の悪さ、身体の使い方のクセが積み重なって起こる症状です。

自覚症状が発症している時にはだいぶ症状が進行しています。

ですので、少し治療をしたからといってすぐに改善するものではありません。

しかし、そのままにしてくと歩けない、起き上がれない、寝付けない、生活がちゃんと送れなくなってしまいます。

脊柱管狭窄症の原因に対して治療やトレーニングを継続して行う事で手術に頼らなくても症状を改善する事は可能です。

千葉県八千代市の整体院では、脊柱管狭窄症の原因に対して独自のアプローチと使い方を正常にし痛みを改善するサポートを行っております。

    LINE登録もよろしくお願いします。

         友達追加で、予約のお問い合わせも簡単にできます!!

 

八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ PAGETOP