八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ

歩行時にお尻から足の方にかけて痛みやシビレが出てきて休憩しないと歩けなくなってきた。

病院では「脊柱管狭窄症ですね。」と診断され、痛み止めの薬を飲んだりリハビリをしてもらう。

でも、歩行時の痛みやシビレがつけ良くなる時間が早くなってきた。どうしたら良いのだろう?

そんなお悩みをお持ちの方が当院には大変多く来院されます。

そんなあなたに脊柱管狭窄症で歩行の際の症状を改善する方法を千葉県八千代市の整体師が解説します。

脊柱管狭窄症とは何?

若い人にもまれにみられますが、主に50代ごろから増えはじめ、高齢になるほど発症する確率が高くなります。

最近では70歳以上の人の50%が脊柱管狭窄症になる可能性があると言われていて、50歳以上の腰痛の原因の多くが脊柱管狭窄症とも言われています。

脊柱管に通っている神経が姿勢や動作によって圧迫されて起こる病態の総称であり、原因や状態を調べれば、細かく分類を分けることができます。ヘルニア・腫瘍・炎症以外で起きる腰痛や足痛の総称だといっても過言ではありません。

医者の診断によって「脊柱管狭窄症」とされることがあっても、脊柱管の中がどうなっているか、どのような状態かというのはあまり関係がありません。

状態を見て決めるのではなく、その人の出ている症状を見て診断されるものです。

脊柱管狭窄症になる原因は?

脊柱管狭窄症は、脊柱管に何らかの異常が出ることによって足や腰に痛みやシビレが発症する状態の総称を指します。

症状の出かたは人によって様々ですので、治療方法はもちろん、手術をする必要があるかどうか、セルフケアをするさいにはどのような点に注意すればいいのか、といった対策は、一人一人異なります。

そのため、自分の判断でセルフケアをしたり、知り合いなどが脊柱管狭窄症だと診断されたからと言って、そのケアの方法を真似する事はお勧めできません。個々人に合った対策を、信頼のできるドクターや治療家に必ず相談してください。

脊柱管狭窄症と言われた人の患部の状態として、主なものだけピックアップしても、これほど異なります。

・骨が変形している状態

・脊椎自体が滑って脊柱管が狭くなっている

・靭帯が太くなってしまい神経を圧迫している状態

ヘルニアとの違いは何?

患者さんから「脊柱管狭窄症とヘルニアとの違いは何?」という質問をよくいただきます。

脊柱管狭窄症もヘルニアも同じような症状が出る事がありますが、原因は異なるものです。

脊柱管狭窄症

脊柱管という空洞で異状が発生した際に発症する。

椎間板ヘルニア

背骨のクッションの役割を果たしている椎間板の中の髄核が、何らかの衝撃を受けて飛び出て、神経を圧迫することによって痛みが出る。

原因が異なると言っても同じような症状が出る人もいます。

ヘルニアは、何らかの衝撃を受けることによって髄核が飛び出るので、例えばスポーツをしている人や、腰に大きな負担がかかる仕事を続けている人なら、年齢に関係なく発症する可能性があります。

一方、脊柱管狭窄症の患者は主に50代以上に発症しやすいのが特徴です。

そして、脊柱管狭窄症の大きな特徴の一つと言えば「間欠性跛行」です。

歩くときに足や腰に痛みやシビレがでて、体を前にかがめたり、座って休んだりすると症状が軽減してまた歩けるようになります。

これは体が前にかがむ事を望んでいる状態であり、ヘルニアの場合こういった症状は現れません。

なぜ、歩くと症状が出てしまうのか?

「どうして、歩くと症状が良く出るのか?」といった質問を良く患者さんから聞きます。

自分の満足いくように歩けない

背中をまっすぐにして歩けない

歩き続ける事ができない

といった事はとても不自由であり、大変かと思います。

しかし、脊柱管狭窄症の場合、歩く事が不自由なく行う事ができれば症状はかなり改善されているというのも事実です。

「不自由なく歩き続ける事ができる体」

これを一つの目標として対策をしていければと思います。

歩くと症状がでる理由ですが、これにはいくつかパターンがあります。

①足の神経、または腰から足に向かって伸びている神経が圧迫されることによって痛みが生じているパターン。

神経に通じる血管が圧迫されることによって、神経に栄養が行き届かなくなり、神経が痛むというパターン

③「筋肉のコンパートメント症候群」

前かがみの体勢を長時間維持していると、背中の筋肉が引っ張られやすい状態となります。そのときの背中の筋肉を「コンパートメント状態」と呼びます。パンパンに張った状態です。筋肉が腫れると、筋肉同士の間の隙間がなくなり、血管が入りにくくなります。

それによって、筋肉の内部にある神経に栄養が行かず、筋肉が痛くなることがあるのです。

もしくは、筋肉自体が固くなりすぎることによって足の神経を圧迫して痛みにつながるということもあります。

脊柱管狭窄症の種類

脊柱管狭窄症には

① 神経根型(症状:疼痛)

② 馬尾型(症状:しびれ)

③ 混合型(症状:疼痛+しびれ)

の3種類に分類されています。

「脊柱管狭窄症」と診断されてもそこからどのタイプなのかを鑑別する必要があります。

一つは「神経根型」と言われるものです。これは腰の周りの神経根に異状があって発症するもので、両足ではなく片足のみが痛む場合は、この可能性が高いと言えます。

脊柱管狭窄症の患者さんの多くはこの「神経根型」に分類されるとも言われています。

次は「馬尾型」です。脊椎は実は、腰椎の上部から3分の2くらいのところまでしかありません。それより下部は「馬尾」と言って、馬のしっぽのように細かく分かれています。

その部分に異状があるのを「馬尾型」と呼びますが、これは痛みよりは感覚異常として発症することの方が多いようです。

しびれや、「足の裏に何かがへばりついている感じがする」といった症状が挙げられます。

神経根型は片方の足に異状が出ることが多いのに対し、馬尾型は両方の足に異状が出ることが多いとされます。

そして大変困ったことに、尿漏れや頻尿、便秘といった排尿排便障害に至ることもあり、神経根型より厄介さが増すのも馬尾型の特徴です。

最後に「混合型」です。神経根型と馬尾型の両方の特徴を備えるものです。

脊柱管狭窄症と似た病気

① パーキンソン病

② 水頭症

③ 閉塞性動脈硬化症

 

①パーキンソン病

パーキンソン病の人は、特に脊柱管に異状があるわけではありませんから、座り込んだりかがんだりすることはなく、そのまま立っていられます。

 またその際、顔を見て欲しいのですが、無表情になっている方がパーキンソン病には多いです。

脊柱管狭窄症の方は、痛みでしかめっ面をしたり落ち込んだ表情をされている方が多いです。

②水頭症

水頭症の特徴

・脳室に髄液が過剰に溜まり、脳を圧迫して、意識、歩行、認知、排尿などの機能に障害を起こす

・基本的に小児に多いが稀に成人にも見られる

脊柱管狭窄症の人は、足をハの字に広げたりすることなく、普通につま先を前に向けて歩けますので、ここが大きな違いとなります。

もちろん、歩き方にはその人の癖があります。水頭症とは関係なく、足先を広げて歩く習慣が身についている人もいるでしょう。

つま先が広がっているから必ず水頭症だということではありません。脊柱管狭窄症と診断されたものの、このような歩き方の特徴がある方は、水頭症の可能性も考えてみてください。

③閉塞性動脈硬化症

足の甲を触ると、脈が取れるところがありますので、人差し指と中指を当てて触ってみてください。または内側のくるぶしの脈でも構いません。激しく脈を打っているかどうかで判断できます。

閉塞性動脈硬化症になっていると、脈が弱かったり、感知できなかったりすることがあります。

そして、左右の足両の脈をとることも忘れないようにしてください。片方だけ脈がわかりにくい、などあったら閉塞性動脈硬化症の可能性が高くなります。

動脈硬化の一種なので、放っておくと足の先に十分な血液が循環しなくなり、皮膚やつめの色が変わったり、ひどい場合にはその側の足だけやせたりすることもあります。

早めの対策が必要ですので、脈の位置を普段から確認しておくといいです。

夏場は特に、水分が足りなくなって血液がドロドロになりがちです。水分をこまめに、いつもより多めにとる習慣をつけましょう。

また閉塞性動脈硬化症の場合は、温めることによって痛みが緩和されることがあります。

冷やすと痛い、温めると治る、という状況ならば可能性が高いと言えます。入浴した際に楽になるかどうかも見極めのポイントです。

まとめ

脊柱管狭窄症の原因の種類は

① 骨の変形

② 靭帯の肥厚

③ 脊椎のすべり

の3種類あり、あなたの脊柱管狭窄症がどの原因でなったかを知ることが大切です。

脊柱管狭窄症の種類は

① 神経根型

② 馬尾型

③ 混合型

の3種類があり、自分がどれに該当するかを見極める事も大事になってきます。

また脊柱管狭窄症と似た疾患では

① パーキンソン病

② 水頭症

③ 閉塞性動脈硬化症

と似た疾患もあるので、もし分からない場合は医療機関に相談してみて下さい。

千葉県八千代市市の整体院には、脊柱管狭窄症でお悩みの方が多くご相談にいらっしゃいます。

「整形外科で診断され、治療を続けているか改善されている気がしない」

「この記事に書いてある症状と異なる気がする」

など、気になることがございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

千葉県八千代市の整骨院では脊柱管狭窄症の原因に対して独自のアプローチと使い方を正常にしあなたの悩みを改善するサポートを行っております

LINE登録もよろしくお願いします。

         友達追加で、予約のお問い合わせも簡単にできます!!

八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ PAGETOP