八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ

当院では「ヘルニアがつらくて何もすることができないのですが…」といったお問い合わせを多くいただきます。

そういったお問い合わせの際に私が答えるのは以下の2つです。

・早く治すための動き方

・椅子の座り方

今回の記事では、この2点について千葉県八千代市の整体師が解説致します。

ヘルニアでお困りの方は実践してください。

ヘルニアの症状が強くなる原因は3つ

ヘルニアの症状は人によってバラバラで、ケースによっては全然症状がなくてもヘルニアになっていることにすら気付かない人もいれば、症状が強くて身体が全然動かせない人もいます。

ヘルニアは自然に治癒するため、放置したとしても特に問題はありません。

(ただし、生活習慣の見直しは必ず必要となります。)

手術せずに自然治癒を待つことができるのであれば、その方がいい事も多いです。

しかし、症状が強くてどうしようもない場合には、日常生活もままならなくなります。立っても座っても痛い、歩くこともできない場合には、どのようにやり過ごせばいいのでしょうか。

何もできないくらい痛い、寝ていても痛い、という方には、主にこの三つの特徴のいずれかが見受けられることが多いです。

① 脱出・突出している

背骨はブロック状の骨が積み木みたいに連なって腰から頚部まで続いています。その骨の隙間にあるのが、クッションの役目を果たす椎間板です。

椎間板が何らかの衝撃を受けて飛び出してしまった状態をヘルニアと言います。

椎間板の脱出・突出の程度はいろいろで、少しだけ出ている場合もあれば、完全に飛び出してしまっている場合もあります。

痛みがひどい人のヘルニアは、椎間板が完全に飛び出してしまっています。

神経の緩み具合・張り具合や、椎間板のある隙間が狭いか広いかなど、その人の体の特徴によっては、大して飛び出ていなくても、ちょっと出っ張っているだけでも強い痛みを感じることはあります。

たいていの場合は「ものすごく痛い=脱出している」が成り立ちます。

② ダブルヘルニア

ヘルニアは必ず1か所だけで起こるとは限りません。ダブルヘルニアと言って、二か所の椎間板が出てしまうケースもあります。

これはかなり症状が強く、動けないどころか、冷や汗をかき、あまりの痛さに叫んでしまうこともあるほどです。

ダブルヘルニアを発症する人は分かりやすい理由と原因があります。

例えば腰に強く、また偏った負荷のかかる仕事をしている場合などが挙げられます。

体質的なことが関わる場合も少なくなく、そのような人はヘルニア予防のために常々気を付けておく必要があります。

③ ホルモンのバランスが崩れている

女性の方はホルモンのバランスが崩れることが多く

1 初潮

2 妊娠

3 出産

4 更年期

5 閉経

などが挙げられます。

人によってその変化の度合いが大きく、体調にまで影響してしまいます。

ホルモンの重要な役目として、骨と骨を繋ぎとめる靭帯の動きを調整する働きがあります。

ホルモンバランスが崩れると、靭帯が緩みやすくなります。靭帯が緩めば骨が動きやすくなり、痛みを強くしてしまうことがあります。

ホルモンバランスの崩れは女性特有だと思われがちですが、男性でも起こり得ます。

「男性更年期」という言葉を聞いたことはありますか?

男性も女性と同じように、中高年に差し掛かった頃に妙にイライラしたり疲れやすくなったりすることがあるのです。

「男性だからホルモン云々は関係ない」などと思わず、ご自身にもそのような可能性があることを覚えておいてくださいね。

ヘルニアの強い症状を和らげる方法

これらが単体、もしくは複合的に起きるとかなりの痛みを生じます。自然治癒するとは言っても、それまでにどういった過ごし方を送るのかは非常に難しい所です。

ひどい症状を伴うヘルニアの治療のためにご来院くださる方は、まず、真っすぐ立ち続ける事ができません。

座っている時でも、片側に身を大きく体を傾けているという特徴があります。それほどまでになった場合は、これを実践してください。

症状が出ている側を上にして寝ます

上側の足を前方に曲げます(これだけで、神経が引っ張られている状態が緩和されて少し楽になるはずです。)

その状態のまま、腰を氷で冷やします

熱を取ることでヘルニアの炎症が早く収まります。また、血流量が正常に戻り、良い血が循環するので白血球の働きが増し、改善が早まります)

「15~20分冷やして5分休む」を繰り返します

これが、最も症状がひどいときの過ごし方です。

痛くて何もできないと思いますので、とにかく①~④を繰り返して、少しでも早く痛みが緩和され、症状が収まるように促しましょう。

ヘルニアの症状が強い時の体の動かし方

・ヘルニアの症状が強いときの体の動かし方

次に、症状が強いヘルニアから少しずつ体を動かす、リハビリの方法をお伝えします。

基本的には「末端から動かし始める」です。足の先でも手の指先でも構いません。動かしやすい方から少しずつ動かしてください。

末端から動かし始め、徐々に腰の動きに繋げていきます。

末端を動かすことに何の意味があるのかと感じるかもしれませんが、これは脳に「この体はちゃんと動くよ」という情報を与えるためです。

脳と体の動きには深い関係性があります。

あまりに強い症状を感じると、脳は「もしかしたらこの体は動かすことができないのでは?」と認識します。

その認識の影響で、本当に体が動かしづらくなってしまうことがあるのです。

そうならないように、どの部位でもいいから動かすことで、脳に対して「動かないなんてことは無いぞ」と証明してみせ、安心させるのです。

そうすれば、脳もポジティヴになり体が動きやすくなります。

症状がひどい時も、ときどき四つ這いにはなりましょう。四つ這いは、ヘルニアの症状をあまり感じずに済む姿勢です。

なぜ症状を感じにくいかというと、神経の伸長が起きず、またお尻や足からの圧迫がないためです。

ずっと寝たきりでいるのではなく、四つん這いでトイレに行く、四つ這いで隣の部屋に行ってみる、などといったことをしてみてください。

よく、「トイレに行くときはどうすればいいですか」というご質問をいただくのですが、寝たきりにならないよう、ハイハイでトイレに向かいましょう。

四つ這いになったまま、前後に軽く体を動かすのも有効です。揺らすように動かすことで、肩関節と股関節が同時に動かされます。

すると、両者をつなぐ腰椎・脊椎が正常に動き、腰周りが自然と整います。

あまりの痛さに、動かすことが嫌だと感じることもあるでしょう。

また「こんなに症状があるのだから動かしたら悪化するのではないか」と心配もなさると思います。

でも、繰り返しになりますが脳をポジティヴにするために動かすべきであり、動かさない方が体には良くないのです。

もちろん、痛いのを我慢しながら無理やり動かす必要はありません。

しかし、全く動かさずにいると体全体が固まってしまい、それによる悪影響が随所に出てきます。

血流が悪くなるのはどんな症状に対しても望ましいことではありません。

ヘルニアの場合でも、ヘルニアの自然治癒は、白血球がヘルニアを異物とみなして食べることで進んでいきますから、できるだけ新鮮で良い血をどんどん流すように促すべきです。

体を温めれば血流が良くなることがありますが、後に詳しく述べます通り、ヘルニア自体は温めない方が良いです。

またお風呂に入るのも一苦労でしょうから、それより体を動かして血流を動かした方が合理的だと考えられます。

体を動かさないことで新たなコリを生み出すと、血流悪化につながりますから、そういう点でも体を少しずつ、こまめに動かしてください。

ヘルニアの際にしてはいけない事

① 入浴

体に症状があるときは温めた方がいいような感じがしますが、そうではない場合も多いので、注意が必要です。基本的にヘルニアは温めてはいけません。

入浴は体を温める効果があるため、体を正しく見極める必要がに何らかの問題を抱えている人は「自分の症状には入浴は善か悪か」あります。

例えば、体のこりがひどい時には、筋肉を柔らかくしたり血流を促したりする入浴の効果を活用するのも一手と言えます。

また、片頭痛がひどくてこめかみが脈打っているときは、ますます痛くなる可能性があるため入浴は控えるべきです。

このような見極めは、専門的な知識を持っている人でないと難しいので、安易に自己判断せず、まずは治療院へご相談するのが良いでしょう。

② ブロック注射を何回も打つ

ブロック注射を打つことで痛みが軽減するならいいのですが、特に変化が感じられないのであれば、何度も打つものではないので中止してください。

何回も打つことによって組織を損傷させてしまい悪化してしまう事もありますのでやめてください。

ブロック注射も万能ではなく、ヘルニアの出かたによっては効果がないこともあります。効果がないときは、何度やっても同じことです。

ブロック注射は治療効果のあるものではなく、(痛み)を軽減するために打つものです。

ブロック注射に頼っていてもヘルニアの根本的な解消が早まるわけではありません。

ヘルニアの症状が強い時の座り方

イスは選べるなら、腰や膝が直角になるタイプのイスを選んでください。

イメージは、小学校の教室で使っていたイスです。クッション性のあるフカフカなイスや、高くて膝が垂直にならないイスは避けましょう。

座り方は、少し浅目に腰かけて、膝は垂直に、腰は垂直より少しだけ前かがみになる姿勢を取ってください。

前方にもたれることができるのであれば、しても構いませんが、背もたれに寄り掛かることはしないでください。

背もたれに寄り掛かると、骨盤が後方に傾きその状態で長時間座り続けると症状が悪化してしまう事があります。

症状が強く出ているととそもそも背もたれには寄り掛かれないと思いますが、普段から、背もたれにやたらと寄り掛かる癖がある人は、ヘルニア予防のためにできるだけ改めた方が良いでしょう。

基本は「全て直角」です。ヘルニアのときもその基本に立ち返ります。

ヘルニアの痛みがひどいときには絶対にできない体勢ではありますが、横座りはしてはいけません。

ヘルニアになっている最中はもちろんのこと、ヘルニアにならないため、再発させないために、普段からやらないようにしてください。

また、あぐらをかくのも禁物です。

あぐらは左右対称に近い座り方なのでいいものだと思っている人がいますが、そうではありません。特にヘルニアのときはやめてください。

あぐらをかくと、尾骨が直接床に当たります。通常、尾骨や骨盤周辺には両足から圧力がかかり、その圧力を仙骨が受け止めて腰の方へ逃がします。

尾骨に直接力が加わることによって、背骨の下の方にかかる圧力が増します。

仙骨などのクッションがないため、圧力の逃げ道が失われて背骨に集中してしまうためです。

背骨が圧力を受けるということは、背骨の隙間にある椎間板に対する圧力が高まることになりますので、とにかくヘルニアにとって好ましくない状況であることはお分かりいただけるでしょう。

これと同じ理由で、体育座りも禁物です。これも、尾骨が直接床に当たります。

まとめ

ヘルニアは自然と治るものです。

ですから、手術をしなくてはならないのではないかと心配したり、すぐに手術をしようと焦ったりする必要は全くありません。

ご自宅でしっかり療養し、治療院に行って体を整えてもらい、ヘルニアになっている部分に対する負荷を減らす体作りをしましょう。

決して、自己流でストレッチをしたり、安易な判断で温めたり捻ったりといったことをしてはいけません。

ヘルニアは普段の生活環境や姿勢が影響して起こるものです。気を付けていれば発症する可能性をおさえることができますし、再発も防ぐことができます。

千葉県八千代市の整骨院ではヘルニアの原因に対して独自のアプローチと使い方を正常にしあなたの悩みを改善するサポートを行っております

LINE登録もよろしくお願いします。

         友達追加で、予約のお問い合わせも簡単にできます!!

八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ PAGETOP