八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ

今回は、10~20代という若い頃にヘルニアを発症して、50~60歳になった今までに何回もヘルニアになった、そんなあなたに向けて千葉県八千代市の整体師がお送りします。

☑ 自分のこのヘルニアは手術を受けるべきか?

☑ このヘルニアは癖になってしまっているのか?

☑ 自分のこの症状はヘルニアなのか?

と思っている方はぜひ今回の記事をご覧になって下さい。

手術を検討するポイント

「ヘルニア=手術」という印象を持つ方も多くいるかと思いますが、逆に「知り合いの方に『ヘルニアは放っておいても治るよ』と言われたことがある方もいるかと思います。

ヘルニアは基本的には手術の必要はありません。2~3ヶ月で自然治癒するものだからです。

しかし、

「できることなら手術をした方がいい」

「今すぐにでも手術をするべき」

といった種類のヘルニアもあります。

手術をした方がいいヘルニアとはどのような症状でしょうか。手術を検討している方、手術を勧められたが不安がある方は、以下を参考にしてください。

両足に痛みやシビレが強く出てしまっている

通常、ヘルニアによる足のしびれや痛みは、片方の足のみに現れるものですが、稀に両足に生じるケースもあります。

後ろにある靭帯を突き破って神経を圧迫している可能性があり、これはかなり危険な状態となります。自然治癒を待たずに早く治さないと、将来的に麻痺などの障害が残る可能性がもあります。

筋力障害(力が入らない)というケース

「右足を触ったときと左足を触ったときとでは、触られた感覚の違いがある」、これは感覚障害というもので、ヘルニアの症状として一般的なものです。

そこまで心配する必要はありません。

しかし筋力障害が出たときにはすぐに手術をする必要があります。筋力障害とは、麻痺があって足や手、指などにうまく力が入らない状態となります。

痛くて力が入らないのではなく、全く力が入らない状態です。

こういったケースでは、早急に、可能ならその日のうちに手術を受けてください。

早急な処置をせずに一週間、二週間と放っておいてしまうと、その間に神経の機能が戻る可能性がどんどん減ると考えてください。

ヘルニア自体を治した後でも麻痺が残り、どうにも改善できないという辛い状態になってしまうからです。

排泄障害があるケース

ヘルニアになると、末梢神経が圧迫され、お尻や足にしびれの症状がでます。しかし状態によっては中枢神経まで刺激され、様々な障害を生じる事があります。

その障害の一つが、直腸膀胱障害です。おしっこが出にくい、または漏れる。ヘルニアになってから便秘がひどい。

そんな状態になったなら、すぐに手術を受けるべきです。可能なら二週間以内のオペをお勧めします。

ヘルニアの手術の種類

MED法

16mm前後の太さの内視鏡を挿入して行うオペです。これには医師の高い技術が求められるものになります。

腕のいい医師に巡り合うことができれば、手術自体がスムーズなだけでなく、患部の摘出もしっかり行われるので治りも早くなります。

この方法のメリットは、切開をしないため回復が早い点です。逆にデメリットは、切開をしない、つまり直接見ないでオペを行うというリスクがあります。

神経に傷をつけてしまう可能性も、Love法より高くなります。

Love法

皮膚を5~10cmほど切開し、脊椎にも穴をあけて、患部を直接目で見ながら行うオペです。

この方法のメリットは、何よりも患部を目で見て確認しながら行える点となります。当然、医師ごとの技術の優れ具合、手術への慣れの度合いには差がありますが、患部を目で見られるなら技量の差の影響は少なくなります。

デメリットとしては、大きく切開をしますので、その分術後の回復が遅い点です。1~2週間の入院を要する場合がほとんどで、傷の痛みもあります。

そして、切開するということは筋肉に傷をつけることですから、筋力低下の可能性もあります。

PLDD法

これは、比較的軽いヘルニアに対して行われることの多い方法です。飛び出た椎間板に対し、レーザーで熱を当てて蒸発させます。

メリットは、リスクが少なく回復も早く、早ければ半日、長くても2日ほどの入院で済む場合がほとんどである点です。

デメリットは保険適用外のオペとなるため30~40万円と高額な点、そして大きなヘルニアに対しては用いることができないことです。

PN法

経皮的髄核摘出術と言われる方法です。ヘルニア部分に管を挿入し、飛び出た椎間板の内部の髄核を摘出します。

椎間板そのものを取り出すのではなく、内部からの圧力を軽減させて神経への圧迫を軽減させるものです。

メリットは、傷口がとても小さく済み、その日のうちに歩くことも可能になる点です。しかしデメリットはPLDD法と同様、大きなヘルニアには用いることができません。

自己回復を促進する方法

もしあなたが、手術という選択肢を取らずに自然治癒による改善を待つと決めるのであれば、スムーズに治癒されるための工夫を身に付けていく事が大切になります。

飛び出た椎間板がいつかは消えるとは言っても、それにかかる時間は早い方がいいですし、何より自然治癒を促進する方法を実践することは、その後のヘルニア予防にもつながります。

生活改善の一環としてこれらのことを行ってみてください。

 

まず座り方。痛みが強くないときでも、背もたれにもたれかかる座り方は避けてください。

そして膝とつま先を合わせるように内股になります。内股になると、自然と背筋が伸びて幹部への負担が減ります

痛みが取れてきて歩けるようになったなら、きちんと歩行のための時間を確保してください。歩くことによって骨盤が動き、本来あるべき位置へと自然と矯正されます。

そのためには、買い物に行って少し歩いて止まり、歩いて止まり、を繰り返すのではなく、しっかりと3040分間続けて歩きましょう。

そして、これが最も大切なところとなりますが

今の環境からいったん身を引くことを検討しましょう。

ヘルニアになる人は、考え方や嗜好が偏っていたり、体に無理をさせたりする傾向があります。

身体的・精神的に無理な仕事を続けている、家事に手を抜くことができない、といった方も少なくありません。

その環境から、いったん身を引く。仕事を休む、家事を誰かに任せる、など、少し勇気が要るかもしれませんがやっていただきたいと思います。

そうすれば、従来の環境にどっぷりと身を浸からせていた自分を客観的・俯瞰的に見ることができるようになります。

少し距離を置いた状態で、やるべきこと、やらなくていいことを整理すれば、元の環境に戻った際に自分への負担を多少なりとも減らすことができるようになるはずです。

また、環境から離れることはストレス軽減の役割もあります。ストレスがある状態だと痛みが強く感じられやすいので、ストレスをなくすことも重要な治療の一環なのです。

疲れた心と体をリセットさせるためにも、一度環境を変えてみてください。

環境を変える際に、同時に衣食住の見直しをすることをおススメしています。実はヘルニアは、風邪を引いたときにおこりやすい傾向があります。

風邪をひきやすい人は、体質ももちろんありますが、身の回りを清潔に保つことができないで菌に負けてしまうこともあります。

ですので、身の回り、着ている服が清潔かどうかをチェックすることから始めてみましょう。

食事に関しては、例えば辛いものが好きで香辛料の効いたものをよく食べるなら、気の向くままに食べ続けるのではなく、頻度を減らすなどして偏りを改善させましょう。

直腸の前には子宮、後ろには腰椎があります。刺激の多いものが直腸にあれば、それが子宮に伝わってホルモンバランスを崩すことにもなりかねません。

また、腰椎へ影響して骨の異状を発生させるなども十分考えられます。

どんな食材も、少しをたまに食べるなら何の問題もありませんが、偏っていると言えるほどいつも食べている、または全く食べないのであれば、体に必ずその影響が出ます。

あなたがいつも食べている食材は何でしょうか。この機にぜひ見直してみてください。

まとめ

ヘルニアの手術を検討するタイミングや体の状態をまず自分自身で知って、リスクを踏まえた上で選択すること。

ヘルニアの手術は、種類がありますがそれぞれ何をしているのか?また、手術は根本の原因を除去することにはならないこと。

ヘルニアの自然治癒を選択した時に、何をすれば安全に早くヘルニアを改善できるのか。

今回の記事はヘルニアを繰り返している方に向けて書いていますので、何回も同じようにヘルニアを起こしているのなら実践してみてください。

 

以上、ヘルニアを繰り返すあなたに向けて、手術や自然治癒に対する考え方を中心にお伝えしてきました。

ヘルニアという不快な症状を繰り返すことは大きな負担であり、さらにそこへ手術を検討しているとなると、もう以前のような日常生活が遠く感じられ、辛い気持ちで日々を送っていらっしゃることと思います。

しかし、手術を受けるにしても自然治癒を目指すにしても、改善と同時に根本的な原因の究明を試みれば、これ以上辛い思いをしなくても済むはずです。

千葉県八千代市の整体院では、ヘルニアでお困りの方のサポートをさせていただいております。まずは話だけでも聞いてほしい、と考えていらっしゃる方も、ぜひ一度お越しください。患者さんの心の負担を取り除くのも私たちの責務です。あなたの繰り返すヘルニアの原因が何なのか、今後どのようなことに気を配っていけばよいのか、といった、お一人ではなかなか見つけにくい答えもご一緒に探しましょう。

LINE登録もよろしくお願いします。

         友達追加で、予約のお問い合わせも簡単にできます!!

八千代台の整体は「整骨院 八和ら(やわら)」へ PAGETOP